ORIZUME - オリズメ

2959.報道比較2017.4.17

2959.報道比較2017.4.17 はコメントを受け付けていません。

先週、急速に高まった北朝鮮関連の緊張は大きく後退。好戦的に見えたのは、トランプ政権の軍人出身者と安倍政権。

Wall Street Journal
北朝鮮のミサイル発射失敗、「ICBMではない」米高官 (2017.4.16)

人民網日本語版
外交部、朝鮮半島核問題解決の唯一の道は対話 (2017.4.14)

産経新聞・社説
金正恩政権 強硬姿勢で未来は開けぬ

日本経済新聞・社説
対話と圧力を駆使し東アジアの安定を 科学技術立国の堅持へ大学改革を

毎日新聞・社説
ミサイルに固執する北朝鮮 危機を深める挑発やめよ

先週、急速に高まった北朝鮮関連の緊張は、米中首脳会談後に大きく後退した。トランプ政権が支持率のために地政学的リスクを煽ったというのは陰謀論に近いが、アメリカは高めた緊張を急速に沈静化させている。同調して強硬な姿勢を取った日本は立場が悪くなった。韓国は冷静なのか無関心なのか平穏、中国は対話を徹底して訴えている。好戦的に見えたのは、トランプ政権の軍人出身者と安倍政権。日本は慌てて裸で踊ったような無様さに見えるのは気のせいだろうか?

朝日新聞・社説
たばこ対策 五輪にともる黄信号

いまの自民党の価値観と国民の乖離は、トランプ政権とアメリカ国民よりもずれている。田舎者議員に外圧を。

読売新聞・社説
将来人口推計 少子化克服へ対策を加速せよ

政府が無責任に言うような、空虚な主張。危機感だけを指摘するだけで論理性も、指針もない。このタイプの主張はどれだけ登場しても、何ひとつ変わらない無益なものだ。適切な課題の分析、冷静な議論、地道な行動に尽きる。北朝鮮対応も同じだが。

Comments are closed.