ORIZUME - オリズメ

2938.こどもたちの一番キライなものは?「ダウンロード」

0

こどもとデジタル・デバイスの関係は、いろんな議論がありますが、結論を見つけたことはありません。
機器はどんどん変化して、その変化に大人でさえ混乱していれば、当然です。

わが家は、迷信のように害だと盲信して、大人の強権で触れさせない、ということは避けてます。
親が、朝から晩までPCを使って仕事して、スマホやタブレットを外出時に持つようなライフスタイルなので、
「触るな、バカになるぞ」のような手っ取り早い方法も使えず…
早めにトモダチになってもらおう、目が届いてるならトラブルの前に対処できるだろう、と考えて、iPadやスマホ代わりのiPod touchに触れさせてます。

まだ、ともだちとネットにつながっているわけでもなく、検索するといっても辞書代わり。
コミュニケーションや、コンテンツの本質に迫る話題になるまでは、悪い兆候は見えていないので、様子を見てます。

たとえば、YouTube。
わが家はテレビを観ないので、CMで洗脳されることはなかったのですが、YouTubeのCMは、当然のようにこどもの脳に突き刺さってます。
カップラーメンの固有名詞を名指しで食べたいと言い出し、カードローンの唄を連呼。最近の口癖は「OK, Google!」でした。

IDを共有してると…

監視する意図はないんですが、最近、こどもが何にハマッてるかは、Googleの次に判るようになります。
もう少し経つと「パパが何観てるのか知ってる!」となって、IDを変えたいと言い出すんでしょう。

遊びでも、遊びながらメールを使いはじめてます。

ドーナツやさんごっこへのお誘いが、iPadから届きます。
まだ、字は書けないんですが、読めるので、メールはお姉ちゃんに作ってもらうと、使えます。

お手紙の方がいいですか?
まあそうなんですが、こんなのが届くと、デジタルでも大事なのは気持ちかな?と思います。

そんなこどもたちが、一番嫌いなもの。
それは…ダウンロード。

YouTubeでも、App Storeも、新しいコンテンツも…とにかく「ダウンロード」が表示されると、
「う!」とイヤな顔をして、別のことをはじめます。
Apple TVを楽しむ時も、ダウンロードはパパの仕事。
しくじると、ドライブで道を間違えるほどの失態です。

最近、こどもたちは、Siriにグチをこぼすことを覚えました。
Apple TVのダウンロードが終わらない時、チビスケがSiriにグチった時…

「ダウンロード=灯籠労働」ですが…謝るしかできません。

こんな感じで、デジタルだから乱暴になるとか、短気になるという兆候は、今のところ、わが家では見えません。
待たされればイライラするし、遊びたければお誘いする。
字が書けないからメールを使い、絵文字を見つけてうれしくなる。

じゃあ、ずーっとYouTubeかというと、そんなこともなく、
公園で遊ぼうと言えばiPadなんか放り出すし、自転車の乗り方をムービーで見ても、そのとおりにできなくて怒ることはない。
こどもたちは、ちゃーんと道具としてデジタルと接してる気がします。
わが家では、うまくなじんでます。

ちなみに、昨晩から、彼女たちがSwift Playgroundをはじめました。

はじめようとして、ボタンを押したら…
「う!ダウンロード…」

So, what do you think ?