ORIZUME - オリズメ

2928.WWDC17に興味津々。このイラストは…ARのアイコン?

0

Macで一番使うAppは、Xcode。
そんなライフスタイルになってから、ずいぶん経ちますが、WWDCは2013年以降、エントリーしなくなりました。

チケットが抽選になったこと。
開発に関する情報がオープンで入手しやすくなったこと。(これが一番大きい!)
ライブ・ストリーミングの質がすばらしく、リアルタイムでビデオで見られるようになったこと。
その他、個人的な理由でも、仕事で日本にいた方が良さそうな状況が多くなったり、こどもが学校に行くようになって、現地に連れて行くには時期が合わなくなったり、USに行くなら別の場所に行く用事を入れたい…等々。
いろいろ考えると、高価なチケット代を払って現地に行くには、躊躇してしまうことが数年つづきました。

が…今年は、発表された画像を見て、ちょっと興味がムクムクと湧いてます。

違う。明らかに、ここ数年と違う。
こんなにホンワカと、あたたかみのある表現は、今までのAppleにない。
使われている色合いのトーンもやわらかい。
公式Webサイトを見ただけで、その差は明らか。

Appleが意味もなくイラストを描いたり、表現を変えたりするはずはない。
この小さな人間たち…ひょっとしてARに傾注しているとウワサのAppleの新しいサービスなのでは?と勝手に思ってます。
いずれにしても、大きく変化することでしょう。

会場がサンフランシスコからサンノゼになったのは無関係なようで、深層ではとても深いつながりがありそうです。
掲げられたメッセージは、Steve Jobsが語った言葉。
新しいApple Parkと命名されるキャンパスには、Steve Jobsと名のついたTheaterがあるらしい。
従業員が4月から働きはじめ、6月にDeveloperを招く。
iPhoneが生まれて10年の節目を、とても意識しているように感じます。


チケットの受付は、来週3月27日(日本時間で28日2時、27日深夜26時)から。抽選なので、急ぐ必要はありません。
あともう一押し、行きたい気持ちにさせてくれるネタがあるとカンペキだなあ。
Appleは、Amazon Alexaみたいなことはしないのかなあ?

Comments are closed.