ORIZUME - オリズメ

2821.報道比較2016.12.12

2821.報道比較2016.12.12 はコメントを受け付けていません。

ニューヨークDOWは20,000ドル超えを狙っている。ドル高も年内は許されるだろう。FOMCが終わったら、年内最後のパーティーがはじまる。出口を見ながら踊ろう。

Wall Street Journal
ジュリアーニ氏政権入り辞退、エクソンCEOが国務長官最有力 (2016.12.10)

トランプ次期米大統領は9日、元ニューヨーク市長のルディ・ジュリアーニ氏が次期政権入りを辞退したと明らかにした。ジュリアーニ氏はトランプ政権の国務長官候補だった。政権移行チームの2人の関係者によると、石油大手 エクソンモービル のレックス・ティラーソン最高経営責任者(CEO)が国務長官の最有力候補に浮上した。トランプ氏によると、ジュリアーニ氏は11月29日の会合の際に辞退を決めた。ただ政権移行チームの副委員長は続投する、としている。

ますますオイルの臭いが強くなるトランプ政権。財政赤字が膨らみ、政策が行き詰まっても、原油と不動産だけは下落しそうもない。調整後、そのあたりには投資してもいいかな、と思っている。ニューヨークDOWは20,000ドル超えを狙っている。ドル高も年内は許されるだろう。FOMCが終わったら、年内最後のパーティーがはじまる。出口を見ながら踊ろう。

人民網日本語版
中共中央政治局、2017年度の経済活動を分析・研究する会議開く (2016.12.10)

中共中央政治局は12月9日、習近平・中共中央総書記が議長を務める2017年度の経済活動を分析・研究する会議を開いた。会議では「三去一降一補」(三去は過剰生産能力と在庫の削減、 デレバレッジを指し、一降はコスト削減を、一補は弱点分野の補強を指す)の5つの任務を実質的に進展させていくことを目指すとした。農業の供給側構造改革を積極的に推し進め、実体経済の振興を強力に推し進めるほか、新しい強大な動力を育成し、国情と市場の法則に適した不動産の安定して健康的な発展に長期的に有効なメカニズムを迅速に立ち上げることで、国有企業、財政・税制、金融、社会保険等の基礎となる重要な改革をより一層スピーディに推し進め、経済体制の改革においてより優れた牽引作用を発揮させていく。さらに「一帯一路」(the belt and road)建設を堅固に推し進め、より整った法治国家の建設、投資環境の改善、消費潜在力の開放と開放領域の拡大、積極的な外資の受け入れを進めていく。そして様々な国民生活に関する作業を継続して実施し、社会の安定を図るとした、としている。

中国は、トランプ氏が騒いでもブレない精神力を保てるだろうか。今回のトピックは、いつもの退屈で、予定調和の中国型報道だ。もうひとつのスタイルは、ひどく感情的で、相手を論破することだけに集中しているもの。この時は精神的に錯乱していて、行く手を阻まれたことを徹底して抗議する。中国の行く手は、これからはさらに厳しい。それは、アメリカの邪魔が入らなくても、過去から学ぶ成長からの決別が必要だからだ。国内に消費を拡大したい国民は十分にいる。その人たちを中心に経済を拡大するだけでも、中国は成長の余地がある。中を見る経済で、まだ伸び代のある中国は幸運だ。その境遇に気づけば、中国はアメリカの横暴を気にせずに成長できるのだが。

Comments are closed.