ORIZUME - オリズメ

2460.資産運用ログ2015-Week51: 2015年もあと1週。FOMCはどうでした?私はニアピンを学びました

0

いよいよ2015年もあと1週。52週移動平均の意味を「ああ!1年ってことか!」と気づいたのは、2007年頃だったでしょうか?この1年、資産運用はみなさんはいかがでしたか?
買えば上がった2013年、2014年に比べると、たしかにやりにくかったですね。
金融の節目となった、12/16のFOMCを、どう迎えましたか?

「どっちかに賭ける、それを予想する」の無意味さを改めて知った12月16日から週末までのマーケット

「予想に費やす時間は無意味」を1年を通して学んだ気がしていましたが、まさに12月16日が象徴的でした。みなさん、どう考えてました?アナリストでさえ、結果が出た後と前で、言うことがさっぱり違う人、何が起きているのか判らないと言う人、必死で理由を考える人…いろいろでしたが、マーケットはこうでした。

20151216
こちらがアメリカ株。

20151216-2
こちらが為替。

少なくとも「株が上げる」と言った人は見かけなかったですね。為替は「どう動くのか判らない」とみなさんおっしゃってましたが「ほとんど動かない」という人は、ちらほら…でした。

大きく賭ければ肩透かし。セオリーやアノマリーなんて、どこにもありゃしない結末でした。

そして、遅れた列車に乗った人は、痛い週末、年末に…

一般紙の報道は罪作りですよね。「何事もなかった。市場は冷静に受け止めた。今日も上げた。」と端的に伝えます。そこで「じゃあ行くか!」と乗っちゃった人は、翌2日で痛い下落2連発。備えていた人は月曜まで戻っただけですが、「出尽くし!いける!未来は明るい!」と頂点で乗ると、3%ロスト。予想はやるもんじゃないですね。

私は、ワラントのニアピン、やってみました。シナリオどおりです。片方が好転、もうひとつは戻り待ち。

私は、今回は恐かったので、学習の意味で「ニアピンの両建て」を、金額少なめでやってみました。
買ったのはUSD/JPYのニアピンで118円と、124円。ワラントはいつもは50,000円を上限くらいにしてるんですが、今回は30,000円上限で。
IMG_9373
単純に、高かったんですよ。12月15日の夜、注文入れた時には、もういい値がついてました。勉強代にはキツイ?と思うほど。買っても予想に合えば上がるとは判ってても、恐くなっちゃいました。

予約の注文を入れて、翌朝のマーケットでびっくり。思いっきり円高。買ったニアピンはすぐに含み損。
ホントにワークするのか?ニアピン…と思っていました。
徐々にFOMCが近づき、片方のニアピンの損が減っていきます。(もちろん、もう片方はさらに赤字になってます。)
その後…私はさらに円高にいくのかと思ってました。もちろん外れ。ゆったりですが、円安に。セオリーどおりのドル高になりました。

124円のニアピンが大幅な含み益に。ここで「祭り終了」と、欲張った値で予約。
差益は…10,000円くらいだと思います。

warrant

2日で、22,000円が、33,000円。もちろん、ここでもう片方は赤字。
ポイントは、いま、逆転して円高に向かいつつあることです。
今日の時点での、差損は約8,000円。いま損切りでもプラス。たった3,000円ですが。
それでも、両建てしたら、手数料支払っても利益が出るのは驚きです。
たまたまうまくいっただけ?でしょうか?
きっと、うまくいかないパターンもあるんだろうな、と思います。

ここで手じまわなくてもいいのが、私にとっては心地良いです。
118円なんていうレベルはムリだと思いますが、円高に進むほど損は減るだろうと勝手に予測してます。

ポイントは、ワラントには期限があること、期限日までどんどん減価していくこと

ですが、もう一方で、私がいつもワラントに泣かされるリスクも。
それが、期限日と減価。
このニアピン、期限が2016/1/13のはず。いつまでも塩漬けにはできない。
あと1か月足らずの中で、もっとも円高の時に逃げたい。
そして、逃げ足の早い順にパーティーから人が減っていくことと、ワラントの特性から、どんどん価格が下がっていきます。
いま、121円で、10日後に同じ121円だったら、ワラントの単価は確実に減ってます。
さっさと売って3,000円の利益で手じまうか、円高を望んで待つか…たぶん、待っちゃいますね。

マーケットは予想じゃない。確率。勝てるようにすれば勝てる。だからギャンブルとは決定的に違う。

以前から、運用は農業に似てるなあ…と思ってましたが、今年、その思いをさらに強くしました。
私のやり方は、楽しみながらの家庭菜園です。

家庭菜園をやるのに、もっとも適した方法を、さらに探していきたいと思っています。
来年は、ITの本業も活かして、Appでも作ろうか?と企画中。
もちろん、プロ用ではなく、家庭菜園用の。

運用を管理するのにいいソフトウェア、ホントにないですよね。
だったら作るか…と思案中。
本業が落ち着いたら、やりますか…

So, what do you think ?