ORIZUME - オリズメ

2379.Hackの魔力。探すのが「一番時間の無駄」の時もある。

0

「Hack」と呼ばれる、知恵。
ネットのコンテンツで安定した人気を、世界中で集めています。
私も大好きで、いろいろ試してみます。
積極的にシェアしていこう、と思う人が増えてきているのも、すばらしい。

合う/合わないは多々ありますが、気づきを与えてくれて、体験を伝えてくれて、あらゆるコストを軽減してくれて…おかげでどれだけ助かったことか。
ということで、私も気づいたこと、見つけたこと、学んだことは、どんどんシェアしよう、と決めています。

ただ、何でもいいかというと、そうでもなく、発信すべきは「試してもらった時に、役に立つことだけ」です。
コスト(時間、経済、労働力…)に見合う/見合わないの前に、「検索して探す」ロス・タイムがある。そのことを十分意識して、自分の探し物、発信しようと思っていることを、査定することにしています。
(私はこの作業が、最近とても好きです。しかも、そうじとともにするのが…)

Hackの価値は、常に変化する

Hackは知恵なんですが、学問のような叡知の結集でも、長い時間かけて培われた文化でも風習でもない。もっとライトです。合う/合わない、役に立つ/立たない、コスト(時間、経済、労働力…)に見合う/見合わないは、シーンでまったく変わります。

たとえば…
私はポモドーロ・タイマーというコンセプトを、企画を考える時にはバカにしています。絶対に使いません。
ですが、プログラミングする時、クリエイティブを形にする時には、とても有効に機能すると積極的に応用して使っています。1時間がいいか、30分がいいか、3時間に延ばす?と。

「ヘッドフォンを使って集中する」も、よく使っています。
が、アイディアを出す時や、キリキリ言うほど追いつめられている時は、集中さえできないと気づきました。「環境音で集中する」が効果を発揮するのは「集中したいけど、集中していない時に、集中したフリをする時」です(私の場合)。なので、私は音楽しか聞きません。

「マルチタスクで仕事をすると効率が落ちる」は明らかな事実ですが、ムービーのレンダリングや、プログラムのコンパイルをしている間に何もしない、他人がスケジュールの調整している間にイライラしながら待つ、これは時間の無駄。
こういう空いた時間に細切れにやれることを準備しておいてこなす。まとめた時間は本気で集中する、がいまの私には合ってます。

ブレストは無意味だと今は思っていますし、深夜型から早朝型に労働スタイルを変えてから、もう数年。
いまは定着して「これってベストかも?」と思いますが…たぶん、そんなことない。
変化を受け入れる。失敗が成功のもと。成功は次の成功への障害。だから常に考える。
(私はこの作業も、とても好きです。これも、そうじとともにするとはかどります。ドイツ人がそうじ好きな理由って…?)

Hackが目に付くのは、ヒマな時。または、切羽詰まるほど追い込まれた時。
その中間のタイミングで、ベストなHackに出逢えるといいのですが。

ヒマな時は、見つけるのも楽しく、試してみてもいいかな?と冒険心にあふれています。
追いつめられている時は、試す時間さえ無駄に見えて、どれから試すかにさらにストレスを感じる。
見つけて飛びついても、じっくり取り組んでうまくいかなくても、失望は変わりません。
Hack Ideaをくれた人を恨めしく思うのは間違っています。うまくやる能力と余裕のない自分を反省しなければ。

検索するだけ、挑戦する時間をロスしている。

数々のHackの探し、どれがいいかを検討し、試してみる。
いったい、どこに時間がかかると思います?

最近の私は、「探す」時間が無駄に見えてきました。
インターネットがあると、探すのがすごーくラクになったように見えるので、ずっと探しちゃいます。
この時間、ポモドーロタイマーで測ったこと、ありますか?
検索している時間、答えを探す時間、けっこう無駄だったりします。
このロス・タイム、削るとハッピーです。

どうやっても答えが出なそうなこと。
みんながやったら、答えが違うこと。
必勝法といいながら、勝率が10%あるかも怪しいもの。
探すだけ、時間の無駄です。
考えて試行錯誤しながら、答えをみつけた方が早い。
だったら、検索している時間分、動いた方がいいです。

コードと向き合ってても、こういう場面、多かったですね。
ライブラリを探して効率化できる時間はあっても、デバッグやデザイン・パターンは、どれだけ検索しても、100点の答えはない。
だったら、ひとつずつ地道にコードを検証した方が早い。
ちっちゃなプログラムを試しに作ったら、すぐ意味が判った。
そんなことは、よくあります。

ベスト・オブ・ベストを検索で探し出そうとするのも無駄です。
WordPressでテーマを探したり、フリーウェアや提案書への画像や映像の素材探している時に多いです。
カンペキなものなんてない!って。
途中までやってくれてサンキュ!自分でCSS, PHPいじった方が早い。その割り切りこそ大事。
無料のソフトがまともに動かないって何個も試すくらいなら、他のやり方を探す。
提案が大事なわけで、はさまってる画像を探す時間より、企画をレビュー。
その方が、本質だと思いませんか?

テストの答えや、結婚の仕方を、辞書で調べても答えは載ってません。
載っているのは、解き方と事例。手続きの仕方やルールです。
これ以外の情報がインターネットにあるからといって、そのままやっても….
探す時は、時間を決めてからにした方が良さそうです。

So, what do you think ?