ORIZUME - オリズメ

2375.デビットカードは使い過ぎない?使い過ぎるでしょ?

0

最近、デビットカードのプロモーションによく出くわします。

仕事ではeコマースをサポートする身として、使い道を考えたこともありましたが、クレジットカード、代引き、銀行口座決済…くらいまでできると、デビットカードというニーズは今のところゼロ。
次に求められるのはPayPal、やがてApplePayやGoogle Wallet(日本はどちらもまだ使用できず)。
無視してました。

ですが「銀聯がデビットカードだ」ということを意識した時に、中国人がデビットカードを使うのは、ホントにクレジットカードを作りづらい中国人という特性だけ?と思い、ちょっとメリットを考えてみました。

結論は、お国柄もあるでしょうが、爆買いしたいなら、デビットカードの方がクレジットカードより便利。ちゃんと管理できるなら、クレジットカードの方が便利が、私の今の結論です。

DebitCard

ATMに行かなくていい?たしかに

最初に考えたメリットは、これでした。混みやすいATMゾーンで暮らしていると、このメリットは絶大。
私は三菱なので、ATMが8:45~21:00まで無料になってから、ずいぶんとラクになりました。おかげでコンビニATMは疎遠になりました。
ということで、私にとってこのメリットはゼロ。

審査なし。すばらしい。

これはいいですね。仕組みを考えれば当然ですが、海外で使うことを考えた時の手間、クレジットカードを作る時のわずかのタイムラグがないのはメリットです。
クレジットカードを作れない人へのメリットになっちゃう気もします。私には、今のところあまりメリットにならないです。

使い過ぎない…ホントに?使い過ぎるでしょ?

「口座から即時支払い。銀行残高以上は使えない。だから安心。」
最初は、ふむ。と思ったんですが…よく考えたら、私にはムリ。むしろ使い過ぎちゃいます。
クレジットカードの与信限度<銀行残高の人は、使い過ぎリスクの方が高くなります…よね?与信限度額が50万円でも、口座に100万円あれば、デビットカードなら買えちゃいます。
預金にいっぱいお金がある人には向かないでしょうね。
(私の場合、いっぱいあるんじゃないんです。瞬間的にいっぱいある時がある。自営の方なら判ると思いますが…)

なるほどね。中国人が好きな理由も、爆買いの理由も判りました。
海外で大量に買いたいが、現金の海外持ち出し残高には、けっこう低めの上限があります。
(日本は100万円です。これ以上の現金を持ち出したい場合は、申告が必要です。)
これ以上の消費を楽しみたいなら、デビットカードは便利ですね。
ショッピング保険が付いている理由も判りました。
ただ、海外決済ではそれなりに毎回手数料が取られるようです。

私には、このニーズは当分ないですね。

自動キャッシュバック、ポイント還元…レートは低い

三菱が提示しているキャッシュバックは0.2%。nanacoのポイントが1%と知った時も「低い!」と思いましたが、銀行はさらに渋い。
ただでさえ、ポイントに血眼になるのが苦手な私としては「だったら最初からやらないで」のレベルのサービス。
まあ…原資がないですよね。このサービス。預金金利をベースに考えてるんでしょう。残念ながら魅力ゼロです。

ということで、私はデビットカードは持たないです。
ニーズがあるとすれば、海外で爆買いしたい人、ではないでしょうか?

今の日本にそんな人種がいるか判りませんが。
あとは、ギャンブル好きな人とか?
コンビニATMの前にいるのを、よく見かけます。彼らは現金主義にならざるを得ないはずなので、彼らをターゲットにするといいのでは?と思います。

私のライフスタイルだと、クレジット(=信用)が与えてくれる時間の猶予が、とても便利でかけがえのないものだと気づきました。
どっちにしても、身の丈に合った消費が一番大事ですね。

Comments are closed.