ORIZUME - オリズメ

6.部屋とYシャツとiPhoneと私

0

通勤電車内でのiPhone率が和製携帯のそれと並んだのはいつ頃だろう。iPhoneは1つのスタンダードになろうとしているように感じる。

現在、この原稿は喫茶店でiPadを使って書いている。原稿はそのままEvernoteのサーバーに保存され、事務所と移動用のMacBookに同期されている。仕事の資料はほとんどPDFでやり取りをするので、そのままDropboxに、必要時にはiPadにダウンロードをすることができる。
この時点で以前よりかなり多くの自由を獲得している。重い技術書を持ち歩く必要もないし、書類で棚があふれることもない。うっかり資料を忘れても大丈夫。便利な世の中になったものだ。数年前では考えもしなかった事が、自分の生活に欠かせなくなっている。

気がつけばこの10年くらい仕事のフォーマットが常に更新されている。僕はグラフィックデザイナーだけれど、映像・プログラム・音楽・イラストレーション…何でも取り込んでいるし、やれることは全部やっている。おかげですっかり何でも屋になってしまっているが、常に学ぶというか楽しんでいる。飽き性な僕にはぴったりなワークスタイルだ。これもPCがなければ成立しなかっただろう。PCは確かに人々の生活を大きく変えてくれた。そして、これからの世界を変えるのはiPhoneやiPad、その他のモバイル端末だということを疑う余地は全くない。この新しく刺激的な端末で何をしようか。楽しみは尽きない。

2010.06.15 平井 心

So, what do you think ?