ORIZUME - オリズメ

2102.EthernetケーブルのCATのレベルを5から7に。地味に生産性向上。

0

取り憑かれたようにMacがパフォーマンスを発揮できない状況がつづいているため、何かできることはないか…?と考えてた挙句、Ethernetのケーブルをレベルアップすることにしました。

私の環境には、Time Capsuleが新旧合わせて3ついて、今までは有線のネットワークのスピードをビット単位まで気にする状況ではなかったんですが、今回は追い込まれました。

Ethernetのケーブルは、転送スピードの時代の進化に合わせてCATで進化しています。

「イーサネット」by Wikipedia

上位互換(CATが上がっても、古いCATには使える)ため、いつでも気にせず使えましたし、最新のものを使えば、最速を享受できます。厄介なのは「つながっている機器を、全部レベルアップしないと、一番遅いものに合わせる」こと。これで二の足を踏んでました。ケーブルを全部変えるのもなあ…と。

IMG_9924

追い込まれ、つながればいいと思っていた私は「CAT5」で放置していましたが、現在最速の「CAT7」にし
ました。

体感速度を「速い!」と思ったのは1時間くらいだけでした。すぐ慣れる、気づかないレベルです。
通常のブラウザの作業にも、大きな進歩はないです。
歴然と差が出たのは、Time Machineや、Dropboxの同期。
倍速になりました。

ここまで追い込まれたのもさみしいですが…クラウドや同期の負荷が増える時代、パフォーマンスにストレスを感じている方には、おすすめします。

Comments are closed.