ORIZUME - オリズメ

2067.資産運用ログ2015-Week3: ボラティリティがデカすぎて恐いが、うまく乗れる方法があるだろうか?その術が身につくだろうか?

0

週が明けてしまいましたが…先週を反省してみます。
素直に、さっぱりわからない1週間でした。

株も、為替も、上下幅が激しすぎ。
金曜のスイス・フランの暴騰騒ぎは日本で痛みを被った人は少なそうですが、FX会社が瞬時にいくつか倒産するらしいので、強制ロスカット、追証発生の人も多いかもしれません。ご愁傷様です。

私は…イタかったのが、ミスってはじめて信用で売りを建ててしまいました。
日経インバースのETFを買おうとしたのに、スルスルっとオペレーションしたら、なぜか真逆の売りを、しかも信用で。
すぐに捨てても良かったんですが、まあいいか、勉強ということで…と放置したら、

1

はい。すっかりマーケットに勉強代を支払っております。
おかげで、売り建ての意味がイテテ…と痛みとともに判りました。
使い道、いろいろありそうですね。

あとは、米国株。
「いくぞ」と思った2014年11月初旬。仕込んだのが金融株だったのが裏目でした。
決算ボロボロ。おかげでロスです。
いま、マイナスになってるのがGS、C、BABA。Vは辛うじてプラスですが…中国マーケットの先行きを考えると、早めに利益確定したいんですが、12月から高値で売れなくなりました。潮目はやっぱり、イエレン氏のあの会見くらいでしたね。
BABAは決算を待ちますが…期待しちゃいけないのかなあ?と少し落ち込んでます。

GPROは、落ち着かないどころか、AAPLの特許で滑るように急降下でした。
AAPLの競合特許のニュースが出たのが火曜。それよりも金曜にもうワン・バウンドしてるのが笑えます。それでもプラスでいられるのは、初期の相当安い時に買えたからで…TSLAみたいになってくれるといいですが。ドローンを作るとか言い出しているので、決算や、FRBの利上げのクラッシュ・タイマーの様子を見ながら考えようと思います。
GPRO

さて…決算がけっこう芳しくない業種も増えてきたので、早めに利益確定して逃げようかな、が株。
1/27のAAPLを、ひとつのポイントに考えてます。
あとは、ボラティリティの荒波の中で、大きくなくていいので、手間がかからず、安全に利益を出せる方法を考えてます。せっかく波が大きいので、下で買って、上で売ればいいの?と思いますが、スイス・フランの例もあるので、

  • わからない、知らないものに近づくのはヤメる。ということでUSD-JPYに絞る。
  • 流れに逆らわない。読まない。ということで、素直に上と下に注文を入れる。
  • 欲張らない。買えなかったら「よかった」と考える。(だいたい、成り行きに切り替えて、イタイ思いをするので。)
  • 何度も注文しない。1日1回だけ。そんなにヒマじゃない。手を抜いた時に火傷するパターンを避ける。

ワラントでプットとコールを両方買う手法も、うまくいったことがあるんですが、あれはスコットランド投票のような大きな変動の時。毎日賭けるには、資金も時間も足りないので、ミニfxにしておきます。
これで、どれくらいいけるでしょうか?実験です。

So, what do you think ?