ORIZUME - オリズメ

2033.投資家むけの公開録音&セミナーに参加してきました

0

ラジオNIKKEIザ・マネーという番組の特別公開録音に当選したので、参加してきました。

特別公開録音 ザ・マネー”ドイサト”special in虎ノ門

「投資家むけセミナー」と聞くと、腰が引ける印象しか持っていなかったので、Podcastで聞きなれているラジオ番組ならいいか…と応募したら当選したのです。けっこうな方がいらっしゃってました。予測どおり、ラジオ局主催ならこういう感じ、というイメージどおりのものでした。

今週末は聴取率調査週間?12月23日の放送は7時間も投資家むけの番組を放送するそうで…その収録と2015年にむけての見通しを聞いてきました。
2014年の運用成績は、みなさんはどうだったでしょうか?2013年の年末に比べると明るさは少ないような気がします。FX中心の人は楽しめているかもしれませんね。

私はアメリカ株中心なのですが、

  • 12月に入っての連騰(ああ、これはいい年末が来そうだ、と思ってました)
  • つい数週間前のFRBを控えたズドンと来た下落(ええー?なんでー?とうろたえ)
  • IMG_7778

  • FRB後、また連騰で現在に至る(ふう…と安堵)
  • IMG_8022

と、すっかり翻弄されてます。

第三者の予測は、鵜呑みにすることはなかったとしても、いつも気まぐれなマーケットで他の人はどう考えているのかを知るには、かなり有益だと悟りました。

もうひとつは、記録を残すことか…と。
12月だけを振り返っても、予想を立てた時と現実を目にした時の心理は明らかに違い、仮に大きな動きがあった時に冷静になれるかというと、まあムリです。セミナーを聞いた夜と、クリスマスを前に2日も連騰したアメリカを見て、もう気持ちも揺らいでいるわけで、どう動こうとの思いは記録しておこう、と思いました。

ちなみに、セミナーの内容はPodcastでも、サイトからも聞けます。
特別公開録音『ザ・マネー”ドイサト”special in 虎ノ門』(2014.12.23放送分)

  • アメリカ株はすでに高過ぎ。
  • 来年FRBの利上げがポイント。6月が濃厚。
  • その後、どこかで暴落が来る。どこかはもちろん誰も判らないが、数年は持たない。(これが半年持たなければ2015年にクラッシュが来ます)
  • 日本マーケットは確実にお付き合いする。今の状況なら、世界のマーケットがお付き合いになる。
  • 今のうちに「この値段になったら買う」と、リーマン・ショックの価格を参考に考えてみては?

主旨はこんな内容でした。
私も思案中です。

他に気になったのは「次回の暴落もアメリカ発なら円高になる可能性が高い。でもその次は、いよいよ暴落=円安、くらいに日本が売られるのでは?」という予測。次のクラッシュで、日本のマーケットの海外比率が下がったら、その兆候ありですね。

もう数日、マーケットは開きます。
よいクリスマス、よい年末になることを。

Comments are closed.