ORIZUME - オリズメ

1796.UNION BANKの自分の口座への海外送金手数料で悩む

0

時間が空いて、すみません。
4月上旬に作ったUNION BANKの銀行口座、放置していたら口座がなくなる60日のデッドラインに近づいていますが、正常に使っています。
アメリカに数週間行っていたため、ちょっとドタバタしていました。

と、海外送金。
ここが一番、何度も悩み、考えさせられた部分なので、しっかりログを残したかったので。
国内のような、条件によっては無料になったりするものではなく、数千円がガッツリ取られます。
しかも、ミスったら、また同額取られます。
今回はありませんでしたが、これが想像よりはしばしば発生します。
アルファベットをひとつ間違っても、ゼロとオーを書き間違えても、エルとイチとアイを書き間違えてもです。
しかもこのミス、自分だけではなく日本の銀行の方(まあ、まずないでしょう)、受け取り銀行の方(けっこう平気でミスります)のミスでも、容易に返ってきます。

何が言いたいかといえば…なるべくミスが少なそうな、ネットバンキングを選ぶべき、と思います。

ミスしたらすべて自己責任なので、他のミスに比べるとイライラは少ない。

これは、前述の問題への対処です。デジタルでコピペしているなら、ミスはゼロ。
スペルミスも自分がやったなら許容できます。他人のミスのリスクまで負うのは、なかなか苦しい。
実は、別述する海外送金Webサポートが、このミスをかなり軽減してくれて、さらに手数料も下げてくれます。

手数料が安い。

Mitsubishi

手数料は、これを見れば一目瞭然です。
ふたつ、手数料がかかるのに注意してください。

  • 送金手数料(★の方):おカネを送るのにかかる手数料
  • 為替手数料(★★の方):JPYを外貨にするのにかかる手数料

送金手数料は、UNION BANKは「海外他行あて」です。窓口より1,000円安い。
これは文句なし…に見えますが、ポイントは1回あたりということと、送金金額に上限があること、です。
ここで私は悩むことになりました。

為替手数料は、外貨に触れたことがある人なら判る感覚です。
今のレートでどちらがいいか、選んで1/20%か、2,500円が取られます。
レートはマーケットで売買されているレートより少し不利なTTSというレートです。
取引によってもレートが変わります。
日々のレートは、オフィシャル・サイトの「外国為替相場」に。
一覧表がリアルタイムのレートで、だいたい現在のマーケットから予測できます。
それ以外、取引に応じてレートを確認できます。

私は店頭で悩んだりするのがイヤだったのと、実施しようとした際にウクライナの件ですごく円高になった時期があったので、ドル預金を作ってしまいました。
何度もやり取りする人は、レートが良い時(円高の時)にドル資金を作っておいて、送金だけを時期を見計らってやるのがいいでしょう。
送金する金額がある程度決まっているけどレートに悩む人は、半分だけドル資金にして、残りをギリギリまで待つと、精神的にもラクです。
予想どおりに相場が動いたら半分は得します。予想と逆に動いても、半分は先に動かしているのでリスク回避できます。
この時も、両方を別々(JPYとUSD)で送ると倍の手数料がかかるので、必ずUSDに替えてから、です。

待たされない

外為はまず、窓口が違います。
「お、うれしいね。特別?」というのは事実なんですが、担当者も少ないのと、銀行側もなるべくミスがないように何度も確認するので、1件当たりの処理にすごく時間がかかります。時間に余裕を見ていかないと、かなり待ちます。
最近では、店舗の混雑状況をネットで確認できます。
近くよりは、すいている支店の方がいいかもしれません。
窓口の時は、海外送金Webサポートを忘れずに準備すれば、手数料が下がって、作業もスムーズです。

悩んだら、やめるだけ

為替で損得が発生するからでしょうか、日本でやっている振込よりは、確実に悩みます。
自己資金を送金するので、数日で為替が変動すると思ったら、待てますし。
けっこう、手数料と為替取引の金額で目減りする額を見せつけられると、グッとくると思います。

それと、先ほどのミスの抑止です。
「あれ?これで大丈夫かな…?」の部分があったら、調べてやり直す方が確実です。
「振り込めなかった」の時の痛みが、数千円と大きい金額になります。

この判断を、店頭にいるとしにくいんですよね。
待ってからだと「やっぱいいです」とも言えないし。
ですが、送金額によっては為替レートだけでけっこう変動します。資産運用のために送金するなら「やっぱいいです」は、重要です。
この判断がネットだと冷静にできます。
  
  
さて…私はネットでやろうと思っていたんですが、最後に店頭に行くことになりました。
すべて体験できました。
それぞれ、個別に報告します。

Comments are closed.