ORIZUME - オリズメ

1616.Amazonで手作り品を売る方法

0

ネットショップの始め方、前回からの続きです。今回は、Amazonへの出店についてです。

Amazonへの出店には、大口出品と小口出品の2通りがあります。小口出品は商品が1点売れるごとに販売手数料と基本成約料が課金され、決済方法や配送料設定も限定されています。大口出品は基本登録料と、売れた場合の商品代と配送料それぞれに販売手数料がかかりますが、様々なサポート機能・サービスが用意されています。

さて、私の場合はJANコードもJIS規格番号もない、手作りのオリジナル品を出品したいので、必然的に大口出品となります。ネットからの出店登録には3ヶ月間の基本登録料無料期間の特典があるので、全ての準備が整ったところで登録してすぐにでも販売したいところ・・・。そこでまず出品の準備をしようと、掲載商品画像の規定を問い合わせると、「出店登録をしてガイドラインを読んでください」という回答・・・。
それでは、と登録をしてマニュアルを読んでみて初めて知る、オリジナル品の申請手続方法。自社サイトで商品が確認できること、商品やパッケージ、取扱説明書などに自社のロゴや社名が確認できること、等々・・・!!慌ててサイトを作り、パッケージ用のロゴシールを作り、1ヶ月かかってようやく申請できました。その数日後、アナリティクスを見るとワシントンからサイトにアクセスが・・・? そう、審査中だったんですね。1週間ほどして無事、申請許可がおりました、の連絡がきました。ここから先は、登録画面から商品説明や画像などを載せていけば瞬時に出品(販売)ができます。出荷通知などの連絡は全てAmazon経由なので作業負担が少ない分、購入者に直接販促活動できないのが難点ですが、集客力はやはりすごいですね。

取扱商品が決まり、出店方法を決めたら、配送方法や配送料を検討して、梱包材や納品書を用意して、いざスタートです。運営にかかる最低費用がみえたところで、事業計画も是非立ててみてくださいね。

スクリーンショット 2014-03-05 16.05.30

ただいま、21点、商品を出品中です。おかげさまで、約1ヶ月で一部商品の初回ロットを完売致しました。

Comments are closed.