ORIZUME - オリズメ

1609.ネットショップを始めるまで

0

ネットショップの始め方、いろいろな関連本を読んでみても結局何から始めればいいのか分からない・・・。実店舗がなく身軽ゆえに、パソコンがあればいつでも簡単に始められるような気になりますが、いろいろ調べたり比較するだけでかなり膨大な時間がかかってしまうというジレンマ。今回は、私のショップオープンまでをご報告です。

1.商材を決める
育児系グッズの販売を考え始めたのが、約2年前。まだ育児中だったこともあり、初めはゆっくりしたペースでした。ビッグサイトで開かれる、ベビー&キッズEXPOや、ギフトショー、インテリアライフスタイルなどに足を運んで、商材を検討しました。最初の頃は個人の通販でも丁寧に対応していただけましたが、ここ数回はどこも結構手厳しい印象です。条件とされる金額とロット数がまず違います・・・。それでもなんとか、玩具と絵本の代理店さんと取引させていただけることになったのが、昨年の6月でした。ただ、やはり自分のショップにはオリジナリティを持たせたいので、育児中の経験を生かして育児日記用のスタンプとノートを作って販売することにしました。
(もしアンティークなどのユーズド品を取り扱うのであれば、古物商許可証が必要ですし、食品や酒類などを取り扱う場合も許認可が必要ですので、商材によっては注意が必要です。)

2.出店方法を決める
集客、諸費用(決済・サーバー)、注文・在庫管理機能、セキュリティ、様々な要素を検討しなければならない一番の悩みどころです。ショップを始めるには、商品掲載画面と、カート(買い物カゴ)が必須です。
1つ目の方法として、楽天やヤフー、おちゃのこネット、カラーミーショップなどのそれらがセットになっているモールへの出店があります。出店手数料、決済手数料等がかかり、商品点数やデータ容量によって月額費用が変わってきます。独自ドメインを使用するかどうか、モバイル対応かどうか、サイトデザインの自由度などもオプション費用の対象です。
2つ目の方法に、カート付でサイト構築できるEC-CUBEや、カートシステムなどを使ってショップをオープンする場合ですが、これも決済費用はかかります。これがまた結構高額です。何社か見積をとってみると、初期費用に3〜5万円、月額基本料3000〜5000円、決済手数料に商品単価の4%前後とトランザクション費用に1件あたり25円など、コンビニ決済をプラスするなら、またその初期費用と月額基本料、手数料がかかるという・・・しかも、契約には1ヶ月を要するそうなので、スケジュール調整が必要です。
そして3つ目、独自でサイトを構築する場合。これもそのデザイン事務所によって費用はいろいろですが、おちゃのこネットをベースに設定するのに約15万円、WordPressをベースに構築するのに約45万円など、SEO対策はオプションだったり、メンテナンス費用が毎年かかったり、ゼロから始めるには敷居が高いものです。

そこで私が選んだ道は・・・Amazonです。モノを探すとき、みなさん、Amazon見ませんか?あの集客力はスゴイものがありますよね。そう、個人でも、オリジナルの商品でも、Amazonで販売できる方法があるんですよ。

Stamp_Image18_set-640-640
こちらがAmazonに出品中の育児日記用スタンプセットです。

次回、Amazon出店の方法について書いてみたいと思います。

Comments are closed.