ORIZUME - オリズメ

Posts Categorized / Politics

3264.報道比較2018.2.8

AIが発達するなら、司法、立法、行政には人間を介在させない方がいい。機械の方がずっとフェアで、余計な事をしない。忖度とやらも、ハラスメントも、不審な不起訴も偽証もない。それで困る人などいない。すぐにでもAIに変わってほしい。

3264.報道比較2018.2.8 はコメントを受け付けていません。

3263.報道比較2018.2.7

FRB新議長のパウエル氏は先走ってマーケットに資本注入した。マーケットを甘やかし、後で味わう痛みを倍増させたとしか思えない。今の株高の原因は官製だ。政策に期待するのではなく、責任を取れと詰め寄るべきだ。

3263.報道比較2018.2.7 はコメントを受け付けていません。

3262.報道比較2018.2.6

批判より行動。困難を乗り越えるには、それがベストだ。

3262.報道比較2018.2.6 はコメントを受け付けていません。

3261.報道比較2018.2.5

国内紙の休刊日。アメリカと中国はダイナミックに動く。差は広がるばかりだ。

3261.報道比較2018.2.5 はコメントを受け付けていません。

3260.報道比較2018.2.4

アメリカの保護主義が促した前進なら、トランプ氏の支離滅裂な行動も、価値ある副産物を生み出している。怯えるだけではなく、行動するのが、どんな時でももっとも未来に適応する方法だ。

3260.報道比較2018.2.4 はコメントを受け付けていません。

3259.報道比較2018.2.3

週末だからか、アメリカの話題を2紙が選んだ。対岸の火事のような話題より、目の前で燃えている火車を論じて欲しい。

3259.報道比較2018.2.3 はコメントを受け付けていません。

3258.報道比較2018.2.2

残念なほど、日本の陰湿さが目立つ社説が並んだ。ホンネとタテマエが混ざり合う疲れ果てた国。シンプルになればいいのに。

3258.報道比較2018.2.2 はコメントを受け付けていません。

3257.報道比較2018.2.1

相手がトランプ氏だからか、各紙が容赦なく批判しているが、6年目に入っても大した実績のない日本の政権に比べれば、1年で賛否両論でも減税の成果を得たトランプ氏。日本の新聞にケチをつけられるほどの全否定はやり過ぎだ。アメリカの演説に4紙も出揃うとは、国会で大したトピックがないだけのことだろう。その散漫さを恥じる方が先だ。

3257.報道比較2018.2.1 はコメントを受け付けていません。

3256.報道比較2018.1.31

最後に意見を述べた人民網と日経。疑心暗鬼は変わらない。これはまだ無理だろう。大きな事件でもなければ状況は変わりそうもない。それだけお互い、協力しなければならない必然がないのだろう。期待するのは尚早だ。

3256.報道比較2018.1.31 はコメントを受け付けていません。

3255.報道比較2018.1.30

現実を見よう。恐れずに外を見よう。あと5年で、日本は中国が手を伸ばしても届かない存在になる。

3255.報道比較2018.1.30 はコメントを受け付けていません。

3254.報道比較2018.1.29

日中関係を改善しようと徐々に両国が行動しはじめた。いい感触だ。

3254.報道比較2018.1.29 はコメントを受け付けていません。

3253.報道比較2018.1.28

北極。中国の姿勢に、ロシアやヨーロッパも過敏に反応した。シナ海につづいて、北極。この先、中国はこの件でヨーロッパ、アメリカ、ロシアと緊張した交渉をすることになる。世界の話題が中国中心になりはじめた。

3253.報道比較2018.1.28 はコメントを受け付けていません。

3252.報道比較2018.1.27

ダボスに集まるような人たちは、保護主義に対しても、格差の是正にも無力だった。政治権力が介入しても、拒絶さえできなかった。新しいリーダーを担う人たちは、この無様さを軽蔑するだろう。

3252.報道比較2018.1.27 はコメントを受け付けていません。

3251.報道比較2018.1.26

借金も税金も年金も、信任がすべてだ。モラルが維持できなくなれば、カネは回らなくなる。

3251.報道比較2018.1.26 はコメントを受け付けていません。

3250.報道比較2018.1.25

完全に仕事で失態を見せた安倍政権。事前に準備すれば、いくらでも穴はあった。代表質問にケチをつけるくらいなら、取材で政府・与党の問題を質す方がずっと効果的で本質的だ。みんな本来の仕事をして欲しい。

3250.報道比較2018.1.25 はコメントを受け付けていません。

3249.報道比較2018.1.24

長期安定の安倍政権だからこそ、やって欲しい財政健全化。憲法などよりずっと重要で、国民どころか世界が注目する課題だ。今のところ、本気で取り組む印象はゼロ。キャッチフレーズだけで6年を過ごした政権ができると思っている人は少ない。

3249.報道比較2018.1.24 はコメントを受け付けていません。

3248.報道比較2018.1.23

シリコンバレーで大きくなり過ぎた企業には、違和感も多いが、今のところ消費者は黙っている。なぜか?巨大さからの恩恵の方が弊害より多いからだ。過去の資本主義の教科書に書かれていたような独占によって起きる市場支配、価格決定権の乱用は今は見えない。巨大企業は緻密にブランドや公共性に神経を尖らせ、成長を維持している。やがて巨大企業に分割の要請を世界が求める日も来るだろう。だが、それは今ではない。対立していたトランプ大統領さえ、そんな発想はなさそうだ。

3248.報道比較2018.1.23 はコメントを受け付けていません。

3247.報道比較2018.1.22

NHKが相手だと、民間新聞社の意見は政治家への態度より厳しい。NHKがいるからメディアが苦境なのではない。むしろNHKがいるからテレビや報道が延命できている側面が強いのでは?公共性と費用対効果への注文はありがたいが、民間の選択肢がもっと冴えていれば、視聴者はNHKにもっと注文を付けられるのだが。

3247.報道比較2018.1.22 はコメントを受け付けていません。

3246.報道比較2018.1.21

中国からグローバルなターゲットを見る経済メディアができるのはいつだろう?日々、変化しながら成長する中国の情報を、政府視点ではなく、市民の視点から発信したら、ニーズは相当あるだろう。

3246.報道比較2018.1.21 はコメントを受け付けていません。

3245.報道比較2018.1.20

この1年、もっとも壊れたのはアメリカでも自由主義でもない。メディアだ。

3245.報道比較2018.1.20 はコメントを受け付けていません。
ページ:123456789...135