ORIZUME - オリズメ

Posts Categorized / Politics

191.報道比較2011.1.10

朝日新聞・社説 成人の日に-仲間とつながり世の中へ フランスの作家・ポール・ニザンの著書「アデン、アラビア」(小野正嗣訳)の書き出し「僕は二十歳(はたち)だった。それが人生でもっとも美しいときだなんて誰にも言わせない」と […]

0

190.報道比較2011.1.9

朝日新聞・社説 万博公園冬景色―アジアの未来を示す街に 「人類の進歩と調和」をテーマに1970年、万博が開かれた街「大阪・千里」。近年は観光客が減り、人口もピーク時から3割減っている。今や約3人に1人がお年寄りだ。 社説 […]

0

189.報道比較2011.1.8

朝日新聞・社説 イレッサ訴訟―和解に向け、協議進めよ イレッサとは、2002年、世界に先駆けて日本で承認された肺がん治療薬のこと。その薬を飲んだ患者や遺族が副作用の被害を訴えた裁判について取り上げたものである。大阪・東京 […]

0

188.報道比較2011.1.7

朝日新聞・社説 「問責決議」考―報復の応酬を超えよう 昨年から続く「ねじれ国会」による政局の混乱を批判する内容。仙谷官房長官と馬淵国土交通相が臨時国会で参院の問責決議を受けたことに触れ、その功罪について独自の見解を述べて […]

0

187.報道比較2011.1.6

朝日新聞・社説 裁判員3年目-1500件の成果と課題 冒頭で「注目の裁判」としていくつかの事件を紹介。挙げられたのは、 検察側が死刑を求刑した事件・被告が少年で大人とは違う配慮が求められた事件、 検察側が状況証拠を積み上 […]

0

186.報道比較2011.1.1-3

新年早々の社説は、スタートにふさわしい各社の姿勢が見て取れる。 (なお、産経新聞と毎日新聞については、政治・経済について語る記事が1月3日からであったため、それを紹介する。) とりわけ目を引くのは、毎日新聞を除く4紙で環 […]

0

185.新コンテンツ「報道比較」開始

一年の計は元旦にあり、新たな年の幕開けに手を合わせる。 長きにわたって脈々と受け継がれてきた日本人の伝統である。 それは新聞にとっても例外ではなく、年明け一発目の社説には、その報道姿勢・立ち位置がいっそう如実に表れる。 […]

0

56.総理大臣を叱咤できる、ただ一人の女性!?

2010年7月22日、幻冬舎新書から、新刊書籍『あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの』菅伸子[著]が電子書籍版、書籍とも同時発売されました。 ORIZUMEでは初のBook紹介。その著者は現総理大臣夫人「菅伸 […]

0

43.First Lady?

asahi.com「わたしは一人の口うるさい有権者」菅伸子さん、G8で注目(6/30) 彼女の普段の行動や(もちろんメディア発信の)、周囲の人の評価を見て思った。「今までのファーストレディとは全然違うのかも。」今までのわ […]

0